STATION

相鉄本線「上星川」駅周辺の不動産の購入

相鉄本線上星川駅周辺の不動産の購入

相鉄本線「上星川」駅の特徴
神奈川県横浜市保土ケ谷区上星川1丁目に相模鉄道本線の『上星川駅』はあります。木造の駅舎として1926年(大正15年)12月1日に開業し、現在の橋上駅舎となったのは1972年(昭和47年)11月22日のことです。バリアフリー化が進んでいて、電車とホームの隙間を減らす工事が行われた他、駅舎からホームと地上部を行き来するエレベーターも設置されました。駅の北西側を高架の東海道貨物線が通っていますが、防音シェルターで覆われているため、列車が走っている姿を見ることはできません。このあたりは丘陵地帯になっており、駅周辺は帷子川が流れる谷の底に位置します。『横浜駅』までは10分ほどでアクセス可能です。また、駅と並行するように国道16号が走っており、横浜方面、八王子方向へ、それぞれ路線バスが運行しています。近くに市立の小・中学校をはじめ、大学や専門学校など、学校施設が充実しているので、子育て世帯も住みやすいでしょう。
相鉄本線「上星川」駅の基本情報
停車する電車
普通
主要駅までの所要時間
『横浜』駅まで10分(普通)
主要駅からの最終電車
『横浜』駅から00:42(普通かしわ台行)
施設
天然温泉満天の湯 セブンイレブン横浜釜台町店 城南信用金庫上星川支店
相鉄本線上星川駅の周辺マップ
ホームページに掲載していない来店限定物件があります!
売主様の要望でホームページに掲載できない物件が多数ございます。
ご来店のうえ希望条件をお聞かせいただければ、ご希望にあった物件をご紹介いたします。
お気に入り登録をしました。
お気に入り登録を解除しました。